インテリアコーディネーターの独立開業

近年、インテリアコーディネーターを目指す人が増えています。そのような人たちがまず最初に行わなければならないのは、なるための方法やその仕事内容です。それらが一体どういうものであるのかについて。おおまかなイメージを持っている人は結構いますが正確に把握している人はあまりいません。

 

何故かというと、必要な資格などは特に定められていないからです。決まった大学や専門学校卒業している必要もありませんし、求められる職務経歴も特にないです。しかし、取得することが必須ではありませんが、取得していおいた方が何かと有利であるといえる資格は存在します。それは「インテリアコーディネーター試験」の資格です。

 

独立前にインテリア業界で実績を積んだ方が良い

インテリアコーディネーター 独立

将来的にはインテリアコーディネーターとして独立したいと考えている人も多いことでしょう。しかし当然ですが、素人がいきなり開業することはできません。そのためには、まずインテリア業界の企業入って、インテリアを扱う仕事に携わる必要があります。

そこで多くの実績を積むことが大切なのです

そこで腕を磨いておけば自分のオフィスを持った時に効率的に仕事を行うことができます。また企業で働いているうちに人脈を築いておくことも可能です。これによって独立した後の顧客を確保しやすくなったり、商品を仕入れやすくなったりします。そのためには少なくとも三年間ぐらいは企業で実績を積んだ方が良い

 

インテリアコーディネーターとして開業するために必要なこと

リフォーム

近年、マイホームをリフォームしたいと考えている人が増えています。それに伴いインテリアを一新したいと考えてる人も増えており、インテリアコーディネーターの仕事が今後ますます増えると予想されています。そのため独立して独自のサービスを提供したいと考えているインテリアコーディネーターも多いでしょう。

 

開業するには

 

オフィスを借りたり、仕入れルートを確保する必要があります。また税務署や都道府県税事務所に開業届を出す必要もあります。その他にも、日々の会計処理を行う準備もしなければなりません。小規模なオフィスであれば自分で会計処理を行うことも可能ですが、手間を省きたいなら税理士に頼むのも有効な手段

 

 

>>インテリアコーディネーター 資格 TOP