資格取得までの道のりとお給料

インテリアコーディネーター資格試験は、年齢、性別、経験、職業、学歴などによる取得制限がありません。インテリア産業協会が実施する資格試験に合格すれば、誰でもインテリアコーディネーターになることができます。

 

試験は年に一度行われ、日付の違う1次試験と2次試験が用意されています

平成26年度の合格率は、一次が29.7%、続く二次が63.2%、1次2次を合わせた合格率は24.5%と、比較的取りやすい資格であるといえます。

 

給料・年収

 

インテリアコーディネーター 給料

一般的に300万円〜500万円程が平均といわれていますが、勤め先の会社やサロンでの貢献度などにより、場合によってはインセンティブという形で別報酬を受け取ることもあります

 

フリーランスとして、高収入を目指す道も

フリーランス

実力をつけた後、フリーランスとして仕事をすれば、売上が直接自分のお給料に反映されるため、積極的に収入アップを目指すことも可能です。ですがフリーで働く以上は完全な成果主義あるいは実力主義となります。頑張ったぶんだけ収入アップを望める代わりに、仕事がうまく取れなければ収入ダウンというリスクも少なからずあります。

 

このためフリーで働くインテリアコーディネーターを目指すのであれば、営業力や経営力といった別の技能の獲得も重要となってきます。それらの技能を総合的に駆使し、クライアントの信頼と人気を得て、幅の広い人脈を形成していくことができれば、年収1,000万円も夢ではない資格となっています。

 

フリーランスなら仕事は多岐にわたる

インテリアコーディネーターの仕事は主にクライアントの要望に合わせ、知識と経験をもって室内空間を総合的に演出することです。ですがその能力を別のフィールドに活かし年収を上げることもできます。

 

例えば

 

ブログでインテリアコーディネートのアドバイスを掲載し、人気が出れば広告料を得ることも可能です。また教室を開いて生徒に教えることで授業料をとることもできます。独自の切り口を打ち出し、本を出版するなどの方法でもプラスアルファの年収アップが見込めます。会社で働くコーディネーターのインカムラインは会社一本ですが、フリーならインカムラインをアイディアの数だけ二本、三本と増やしていくことが可能となります。

 

 

>>インテリアコーディネーター 資格 TOP